シャドウバースの専門用語について

シャドウバースにはいくつもの専門用語があります。

これを覚えていないと戦闘中に間違うことになるので注意が必要です。特に「破壊」と「消滅」については違いを覚えていないと大きなミスをしてしまいます。

スポンサーリンク

基本的な用語

用語 説明
アミュレット プレイしたら場に出て、能力が働きます。
クラス アリサは「エルフ」、ルナは「ネクロマンサー」など、リーダーの属性というか、特性を表してます。
スペル プレイしたら能力が働き、すぐに墓場に置かれる使い切りのカードです。俗にいう魔法ですね。
タイプ 「兵士・フォロワー」の「兵士」など、フォロワーやアミュレットのタイプを表します。
フォロワー プレイしたら場に出て、次のターンから、相手のリーダーかフォロワーへ攻撃できます。俗にいうモンスターです。
リーダー ユーザーの分身として戦う「アリサ」「イザベル」などのことです。リーダーの体力が0になると敗北します。
EP フォロワーを進化させるために消費するポイント。
試合開始時に、先攻は2EP、後攻は3EPを持っている。
PP カードをプレイするために消費するポイント

戦闘に関する用語

用語 説明
疾走 疾走を持つフォロワーは、場に出たターンでも攻撃できます。
守護 守護を持つフォロワーが自分の場にいるとき、相手のフォロワーは、守護を持つフォロワー以外を攻撃できない。
潜伏 相手のカードの能力で選択されず、相手のフォロワーから攻撃されません。潜伏を持つフォロワーが攻撃するか、能力によってダメージを与えると、潜伏は消えます。
ドレイン ドレインを持つフォロワーが、攻撃することによってダメージを与えたとき、同じだけ自分のリーダーを回復します。
必殺 必殺を持つフォロワーが、攻撃するか攻撃されることによって相手のフォロワーにダメージを与えたとき、相手のフォロワーを破壊します。

戦いの中で重要な用語

用語 説明
消滅 フォロワーやアミュレットを場から取り除くこと。
消滅したカードは墓場には置かれず、墓場の枚数は増えません。これは重要なポイントですが、ラストワードは発動しません。
プレイしたフォロワーやアミュレットを置く場所。
自分の場にはカードを5枚まで出せます。
破壊 フォロワーやアミュレットを場から墓場に置くこと。
ダメージを受けるなどして体力が0になったフォロワーは破壊されます。消滅とは違います。
墓場 破壊されたフォロワー、プレイし終わったスペルなどを置く場所。

能力説明

用語 説明
ファンファーレ フォロワーやアミュレットが持つ能力。
そのカードを手札からプレイして、場に出したときに働きます。
ラストワード フォロワーやアミュレットが持つ能力。
そのカードが破壊されて、場から墓場に置かれたとき働きます。

戦術(デッキの種類)の説明

用語 説明
アグロ アグレッシブの略称です。
ゲーム序盤から積極的に攻めるデッキを意味します。ロイヤルとネクロマンサーがその代表ですね。
コントロール コントロールはゲーム終盤を意味します。
コントロールデッキは終盤に強くなるデッキです。
ミッドレンジ ミッドレンジはゲーム中盤を意味します。
ミッドレンジデッキは中盤に強くなるデッキです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る