予言者育成学園 Fortune Tellers Academyの配信日とシステムについて

スクウェア・エニックスの新作タイトルである予言者育成学園 Fortune Tellers Academyが事前登録を受け付け中です。

こちらのタイトルはiOS/Android用アプリです。現実世界とリンクして未来を予測するというリアル連動のゲームということもあり、非常に注目を集めています。

ゲームデザインを『ドラゴンクエスト』シリーズでディレクターを担当した藤澤仁氏、メインキャラデザインに『ビブリア古書堂の事件手帖』でおなじみの越島はぐ氏を起用したことでも話題です。

さらに雰囲気のある主題歌はサラ・オレイン氏が手掛ける期待の作品です。

スポンサーリンク

配信日について

最初に配信日について紹介します。

元々は2016年1月18日にリリースが予定されていました。

しかしリリースを直言に控えて問題が発生しました。問題とは「特定機種のメモリーオーバフロー」でした。

この影響によってリリースは見送られることになりました。

そして、新しい配信日が発表されました。

予言者育成学園 Fortune Tellers Academyの正式配信日は「2016年2月15日の午後2時」となりました。問題の修復に長い引いたこともありますが、2月後半イベントの開始日に合わせたと報告がありました。

事前登録or最新情報については「http://yogensha.jp/」でご確認ください。

 

ゲームの内容は?

注目されている最大の理由は内容です。

主人公は“予言者”の育成を目的とした魔法学園の生徒になって、現代日本で“現実に起こる出来事”の結果を予想する“予言テスト”に挑戦することになります。

リアルと連動しています。

予言テストでは毎日複数問題が出題され、その中から未来に発生すると思う選択するというものです。

ストーリーもしっかり存在しています。内容は学園内で起こる不思議な事件を調査するミステリーで、仲間たちと学園内の様々な謎に立ち向かっていくというものです。

忘れてはならないバトルです。バトルも存在しており、いろいろな楽しみがあります。

基本的には「予言テスト」があり、「予知バトル」があり、「ストーリー」の流れ進行していきます。

 

バトルについて

バトルですが、こちらはちょっと特殊です。

本作の場合は、プレーヤーは攻撃に参加できないシステムとなっています。予め用意した自陣のキャラクターが敵に攻撃をします。

基本的にはそのキャラクターをアシストする行動をします。

それだけじゃ面白くない?

むしろここが肝な部分です。戦闘でも予言、予知が重要となります。重要なのは「戦勝確率」を上げていくことです。勝利確率が「100%」であれば必ず勝つという予測において、バトルが終了します。

ざっくりいえば敵の攻撃を予知して、勝利する確率を上げていくというシステムです。

バトルはターン制のコマンド選択方式になっています。

アプリに多いポチポチするゲームと違い、いろいろと頭を使うゲームです。

手軽にプレイするという点では難しいですが、これまでのアプリとは一線を画したチャレンジ精神のあるタイトルとなっています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る